精神学的なSM

精神医学側(世話のないパートナーの意図の)で「性的なサディズム」のために不公平にエロチシズムを得る何かを罵倒することを、性格障害が示します。
そして、それは言われます、エロチシズムを得ます。
これによって、屈辱を1つの「性的なマゾヒズム」と有害な自身の体(自己-危害行為)で受けます。
これらは、性倒錯(性欲倒錯)と呼ばれている精神障害だけです。
メインは「抑制を開くこと」のような含みでこんなに見られます。
そして、性の差による文化と性質の文化としてのSMの場合、一種の倒錯遊び(何らかの役割を演ずることによってエロチシズムを得るスタイル)が非毎日の行為を経験することで理解されるように、ものは実行しました。
束縛のような独特のファッション・スタイルはこれで見られます。
そして、非日常性をつくる傾向は特に見られます。
「厳しいバインディング」と呼ばれているロープで結ぶ行為は一般に日本で見られます。
そして、専門家は「Rev。」を呼びました。
厳しいバインディングが存在して、最初の文化を作ります。
そして、遊び「目隠しをするために」「いわゆる「ソフトウェアSM」と呼ばれている行為によって、手を縛ります」(軽く)。
こういったものは結構知られているし実行している人もいるかもしれません。

新着サイト動画

リンクサイト

ご挨拶

  • 免責事項
  • 管理責任者
  • Copyright (C) 2011 SMムービー All Rights Reserved.